分別しましょう!

ゴミ屋敷と法律について

ゴミ屋敷と法律について 最近はゴミ屋敷が社会的に問題となってきており専門の業者まで出てきています。
ただ足の踏み場がない程度のゴミなら住人が生活しにくいだけですが、更にゴミの量が増えていくと、悪臭などで近所に迷惑がかかるだけでなく火事の発生する確率も高まり危険性も出てくるのです。
ただ、周囲の人々はゴミだと思っていてもゴミ屋敷の住人はそれを財産だと認識して貯めている可能性もあります。
そのため行政が強制的に撤去するというのは難しいことなのです。
行政が他人の財産を勝手に持っていくというのは問題ですし、個人の家を皆の税金を使って掃除するということにも疑問が生じます。
ゴミが自宅前の道路まではみ出してきていたため道路法違反の疑いで逮捕した例もありますが、釈放後もその家はゴミに埋もれたままです。
日本国憲法に基づく法律はなく、実際にゴミ屋敷の対応については自治体の条例扱いとなっているためそれぞれの自治体で差があり徹底できていない現状です。
屋敷の住人がきちんと税金を支払っている以上、役所としても強制撤去や差し押さえなどの強硬手段をとることはできず、片づけを促す程度の処置しかできずにいるのです。
直接的に適用できる法律はまだないというのが現状です。

ゴミ屋敷の片付けを業者に頼むといくらするの

自宅に溜め込みすぎたゴミを片付けるとなると、ちょっとした作業です。
休日が1日潰れるかもしれませんし、翌日や次週に持ち越しになる場合さえあります。
時間をかけすぎてその間にまたゴミが溜まってしまったら何時までたってもゴミ屋敷から抜け出すことが出来ません。
従って、ゴミ屋敷から抜け出すには短期間に行うことが重要です。
何日にも分けて作業していくよりも少なくともその日一日の短期勝負に出たほうが確実に抜け出せる確率が高まります。
そのためには、業者を使っての片付け作業が良い方法です。
事前に見積もりを取ればおおよそのゴミの量が分かります。
業者の料金は現場に乗ってくるトラックによって値段が変わります。
業者の一般的なトラックは、軽トラックと2トントラックがメインでそれぞれの料金が定額で決まっています。
軽トラックなら2万円程度で2トントラックなら4万円程度です。
このトラックに積載できる限りを事前に定められた定額料金で運んでくれるシステムを取っています。
もちろん、粗大ゴミや危険物など特殊なものは取扱っていない場合やオプション料金がかかる場合がありますので事前に確認が必要です。
オプションにはエアコンの取り外しや解体作業もありますので特に力の弱い女性などには便利に利用できます。

recommend

会社としてはまだ若いですが、様々なプログラムの開発に携わっています。

人気の総合教育企業スプリックスの紹介です。